Journey×Journeyと山本ジャーニーの冒険-独立・開業と「旅食」の航海日誌-

秋葉原の多国籍・無国籍のダイニングバー「Journey×Journey」。独立開業までの過程とオープン後の日々を綴る、山本ジャーニーの営業日報。

【J×Jの内装事業/DIO】施工事例①「暮らす和食のぼる」様@群馬・高崎vol5

「デザイン」+「設計」+「ロゴ制作」のご依頼をいただいたことで、元々提案していた原案を基にもっと鮮明に、より具体的にイメージを膨らませる作業に移った。そしてそのイメージで間違いないかというのをクライアント様に電話やLINEで確認いただくととも…

【J×Jの内装事業/DIO】施工事例①「暮らす和食のぼる」様@群馬・高崎vol4

高崎に現調に行ってからはクライアント様からの連絡待ち。決まれば初めての大型案件になるが、はたしてどうなるだろうかと少しそわそわしていた。けれど、決定の連絡までそう時間はかからなかった。 「施工は群馬の業者さんにお願いしようと思っております」…

【J×Jの内装事業/DIO】施工事例①「暮らす和食のぼる」様@群馬・高崎vol3

内見と現調に行ったのは2月の初旬。16時に到着後、すぐに取り掛かったが、2月ということもあって、すぐに日が落ちた。この時、まだ物件に電気が通っておらず、ちょうど同日に電気屋さんを呼んでもらっていたがまだ来ない。僕らは電気が通るまでの間、真っ暗…

【J×Jの内装事業/DIO】施工事例①「暮らす和食のぼる」様@群馬・高崎vol2

2月初旬、僕と内装担当のハヤカワは現調のため、高崎へと向かった。真冬に『真夏の夜の夢』を聴きながら、遠目に見える富士山を眺め、北へと走った。 www.youtube.com 高崎に到着したのは16時。高崎は東京より寒く、盆地であるがゆえ、とても強い風が吹いて…

【J×Jの内装事業/DIO】事例①「暮らす和食のぼる」様@群馬・高崎vol1

昨年の7月よりジャーニージャーニーは飲食業とは別に内装業をスタートしております。 www.journeyjourney-blog.com 上記のようなスタンスで飲食店における内装に関する問題点や課題を局所的に解決していくところから始め、2018年のうちに壁の修繕やカウンタ…

JBQ2019のお知らせ

長かったGWも終わり、明日7日から通常営業スタートです。よろしくお願いします!!GW中、仕事も遊びも色々と企ててましたが、どれも半端感が否めないですね…。達成率60%といったところでしょうか。やっぱり営業してないとしまらないと言うか、だれちゃうと言…

J×Jの冒険-2015年12月「忘年会」-

多くの居酒屋にとって最も重要となる12月。勿論、それに当てはまらないお店もたくさんあるとは思うけど、大体のお店は12月を強く意識しながら日々の営業に取り組んでいると思う。自店のように事業所立地になるとなおさらで、どれだけ忘年会でご利用いただけ…

山本ジャーニーの「経営者」への冒険

「経営者」とは何なんだろうか、と時々考える。 考える度に、何だかそわそわ、ぞわぞわする。自分のことを対外的に説明する時、基本的にはお店を「運営」していると言い、自分はお店の「主体者」であると言うようにしている(言うようにしている、というか、…

2018年のクリスマスイヴに日本の日本橋にて、モザンビークにかつて住んでいた台湾料理店店主とブラジル人観光客がポルトガル語と英語と日本語を楽しそうにしゃべるのを見て、世界一周をした多国籍料理店の店主が感じた孤独と昂揚について。

3月31日というのは自分にとって思い入れのある一日で毎年、決算するかのように、棚卸しをするかのように、自分の思っていること、感じていることを書き残すようにしている。何故、思い入れがあるかというと、諸々の個人的な事情はあるにせよ、ジャーニージャ…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド-番外編:10時間のトランジットで香港を味わいつくす方法<下>とまとめ-

ヴィクトリアピークを19時前後に降りて、セントラルまで戻り、フェリーの発着場まで急ぎ足で歩きます。中心部のラグジュアリーな感じに目を奪われ、いちいち足が止まってしまいます…。 そしてフェリー乗り場へ。香港島から九龍島への移動はフェリー。このフ…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド-番外編:10時間のトランジットで香港を味わいつくす方法<上>-

4泊5日の充実したダナン旅行を終え、5日目の昼にダナンからの帰路。十分遊び尽くした大満足の旅行だったのですが、これで終わりではなく、まだ続くのです。最後のお楽しみに香港が待っています。 5日目、12時にダナンから香港へフライト(14時着)。そして、そ…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド⑩ホイアンの夜編<下>

目星をつけていたレストランに入り、ビールを飲みながらメニューリストを確認。目当てにしていたホイアン三大グルメ「カオラウ」、「ホワイトローズ」、「揚げワンタン」のうち、カオラウ以外の2つを注文しました(カオラウはダナンでも食べていたので)。 ホ…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド⑨ホイアンの夜編<上>

日が暮れるとともに街の中心部に戻り、夜のホイアンを再び散策。緩やかな川にランタンを灯したボートが浮かんでます。けして広くはないスペースに多くのボートが浮かぶので普通であれば興が冷めるところですが、一つ一つのボートが鮮やかな光を放つので、数…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド⑧ホイアンの昼編

初日、香港経由でダナンに到着、 2日目、ダナンからフエに移動、 3日目、フエから日帰りで天国の洞窟とフォンニャケバン洞窟を堪能したのち、 4日目はフエからダナンに一度戻り、そこからホイアンを半日日帰りで観光しました。 前日の疲れもあったので4日目…

ベトナム中部ダナン4泊5日の完全充実ガイド⑦フォンニャケバン洞窟

14時近くまでゆっくり天国の洞窟を鑑賞し、興奮冷めやらぬまま車に乗り込み、フォンニャケバン洞窟へと移動。1時間くらいかかるということで、途中にあった食堂でドライバーとともにランチ。 そんなに長居するつもりはなかったのだけど、ビールも飲んでいた…

ベトナム中部ダナン/4泊5日の完全充実ガイド⑥天国の洞窟-Paradice Cave-

まずは天国の洞窟。エントランスで入場料(1300円くらい)を支払い、電気自動車で行けるところまで移動し(無料)、そこからは自力で坂道を15分ほど登ります。普段運動をしていないと息は切れるけど、つらいというほどではないです。 小さな洞穴のような入口を入…

ベトナム中部ダナン/4泊5日の完全充実ガイド⑤フエから日帰りでフォンニャケバン洞窟と天国の洞窟の2つをまわる方法

ダナンを訪れる際に旅行者を悩ませるのは「フォンニャケバン洞窟」と「天国の洞窟」の存在だと思います。以前にも記載しているとおり、ダナン周辺には①ホイアン、②ミーソン遺跡、③フエ、そして④フォンニャケバン洞窟の4つの世界遺産がありますが、方角が微妙…

ベトナム中部ダナン/4泊5日完全充実ガイド④ランコ-&フエ編

2日目はフエへの移動日。ダナンから大体100㎞ほど北にあり、バスで2時間半〜3時間ほど。ダナンで日帰りツアーも組むこともできるし、移動するだけのツーリストバスもあるし、ローカルバスでもOK。僕はローカルバスで行くことにしました。とりあえず朝食を済…

ベトナム中部ダナン/4泊5日完全充実ガイド③ダナンの夜編

ホテルのテラスでビールを2杯飲んで、初日の夜はどうしようかと検討し、まずはとりあえず繁華街に行ってみることに。 ホテルがあるのはビーチエリアで、昼間はこんな感じ。海も綺麗だけど、南の島の透きとおるようなレベルではなかったです(一応、雨季だし)…

ベトナム中部ダナン/4泊5日の完全充実ガイド②チケット手配・出国編

休暇の渡航先として他の国も色々と候補にあがりましたが、 www.journeyjourney-blog.com というわけで、今回の行先はベトナム中部に決まりました。参考程度にパッケージツアーも確認しました(ツアーもかなり安い)が、融通と小回りがきくように航空券のみでチ…

ベトナム中部ダナン/4泊5日の完全充実ガイド①「前知識」編

先日、ベトナム中部のダナンに4泊5日の旅行に行ってきました。16年前にダナンは一度訪れているのですが、その時はただの商業都市といった感じで、さして興味もなくほとんど素通りでした。が、最近になって新興リゾートとして人気急上昇とのこと。一方、大企…

【嵐ツボ】お正月の味への冒険-2019年度版-

ここ2年、『嵐ツボ』に出演させていただいた関係で、『嵐ツボ』のことで頭がいっぱい(というと言い過ぎだけど、やはりそわそわする)というお正月を過ごしてまいりました。落ち着かないと言えば落ち着かないけれども、ハッピーなことです。お蔭様でファンの皆…

さらなる飛躍のない年に。

2018年。総じて言えば、なかなかにしんどい一年だった。前年2017年は2号店及び間借り3号店を背伸びしながら駆け足で出店し、新しいスタッフが複数人加わってくれた。ヒト・モノ・コトを上手にくるくるぐるぐるさせながら、J×J全体の遠心力を高めるとともに、…

年末年始の営業のお知らせ

毎年のことではあるものの、今年もまたあれよあれよと師は走り、僕も走り、店も走り、あっというまに暮れなずむ暮れ。早いですねー。 今年はろくに営業状況もお知らせしないまま駆け抜けてしまいましたが、年始はイレギュラーな営業となるため、お知らせさせ…

J×Jの冒険-2015年11月「年金問題」-

細々と淡々とブログを書き続けていく中で、今ではすっかりその頻度も落ち、伴い、アクセス数も完全にたかが知れているのだけど、最近ちらほら「そう言えば、ヤマモトさん、ブログ読みましたよー」だとか、全然会えていない友人に「お店には行けないけどブロ…

J×Jの冒険-2015年10月「アイエーイーエー」-

オープンして半年、2015年10月。前回投稿したように、他店舗や他業態と掛け合わせて、表現やパフォーマンスの幅を広げ、店として遠心力をつけようと奔走する一方で、店舗内のオペレーションに関してはある程度落ち着いてまわせるようになっていた。ランチに…

J×Jの冒険-2015年9月「東奔西走」-

9月初旬、近隣の海鮮居酒屋さんと共同で、ジャパン・ラウンドを開催した。 マグロを一本そのまま仕入れて、 大将に捌いてもらう。 写真ではわかりにくいけど、店内のライトに提灯をさげたりなど和のテイストを演出。 このジャパンラウンドは他店舗との初めて…

【2018年忘年会・新年会のご案内】

ちょっと前まで汗を垂れ流していたというのに、もうすっかり肌寒くなって、暑かった記憶がもう遠い昔のよう。8月から11月にかけての季節の加速感にうまく追いつけぬまま、忘年会シーズンがもう目の前。このブログでは営業のアナウンスなどにはあまり触れてこ…

【11月24日-J×Jの文化祭と忘年会と2号店の1周年-】

毎年、12月23日に開催していたJ×Jの忘年会ですが、今年は一か月前倒しにして11月24日に開催することにしました。理由は色々あるのだけど、一番は忘年会であるとともに「文化祭仕立て」にしたかったこと。通常営業時や普段のイベントでは出にくい各スタッフの…

タビショク「夜のパンまつり」への冒険

2号店がオープンして早一年となります。単日の一周年イベントは別途開催予定ですが、それとは別に何か面白いことに取り組みたいと構想したのが【タビショク「夜のパンまつり」】です。ひそかに注目されている新トレンド「パン飲み」。J×Jでは多国籍ダイニン…